KANADAY

ドラマ『若者たち』

毎週欠かさずみている『若者たち』。

主役級の豪華な出演者達が出てることでも観る気が増すのに、その上 内容が良くて…私はほぼ毎回泣いています。笑

(この後↓ネタバレなので、これから観る予定の方はご注意ください!笑)



旭(妻夫木聡)と梓(蒼井優)の間に生まれた超低出生体重児の女の子、アカリちゃん。

今回、 あかりちゃんの耳に障害(高度難聴の疑い)が出るかも、、、というお話。

突然 障がい児の親になった梓の気持ちや反応、、、

『頭では分かってるけど、心がついていかない』
とか
『ひどい親だよね。アカリより重い障害の子を探して、あの子よりはマシだとか思ってしまう』
とか
『全部自分のせいだと、自分を責めていた方が楽になる』
とか。。。

結構リアルです。

↑こういうの、障害児を授かった親の"あるある"だな~って思いました。

私もそんな時期がありました。
『ダウン症の子いないかな~』って周りを探してみたり、カナより重度の子を見て安心したり。

いつの間にか、そういう気持ちは薄れていきましたが、たしかに昔はありました!

あと、幸せそうな親子を見て
『私はあんな感じにはなれないんだ~』
とか。笑
今はあんまりそんな風には思いませんけど、なんと悲観的すぎる昔の私^^;

まだまだこれから長い人生、いろんなことがあるだろうけど、醜い感情は一通り経験してきました。

決して暗~いドラマじゃないです!
来週が最終回ですが、私達ダウン症児の親にも通じるものがある気がします。
"命"や"家族愛"を伝える、素敵なドラマです♡

毎回いいこと言うんです!(セリフですが)
"目の前の現実(障害とか)に惑わされずに、命そのものを見つめれば、偏見や同情に心が動かされることもなくなる"
とか。

ある友人が言っていました。
『ダウン症とか成長が遅いとか、もうどうでも良くなっちゃった!生きてさえいてくれれば(o^^o)』って。

こういうことなんですね!

友人は、子供の度重なる入院とかを経験して、この域に辿り着いたそうです。
こんなことサラッと言っちゃう友人がステキすぎます!

私は欲望の塊だから、まだまだこの域には辿り着けていないだろうな~、きっと。

ギスギスはしてないけど、いろんな節目節目で、他の人と比べて、落ち込んだりするんだろうな~なんて!!(◎_◎;)

あぁ~やだやだ。笑



『私達が笑っていれば、きっと笑ってくれる!』
『幸せになれるかどうかじゃない!親が幸せにしてやるんだ!』

私もそう思います。
って、、、ドラマにハマりすぎて信者のような私。笑




にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村




コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック