KANADAY

思い出の歌



ウチの車は、童謡などの"カナSONG"エンドレスです。

アンパンマンに始まり、いないいないばぁ、おかあさんといっしょ、みいつけたなどなど…その他童謡をリピートリピートリピートリピート…
私、結構なんでも歌えます。笑

今日はこぐま学園で、カナは疲れ果てて寝ていたので、たまには大人の音楽(?)でも聞きたいな~と思い、iPodでサーチ。

たどり着いたのは"ミスチル"

これは、とても思い出深~~いものなのでありますっ!

このアルバムはカナが生まれる少し前に発売されたもので、



カナが生まれて、
ダウン症だと分かり、
意気消沈していた頃、、、
何気なく『これ欲しいな~』と言った私に、旦那さんが買ってくれました。
(という、綺麗なものではなく、私が「買って!」とせがみました。笑)

特別ミスチルファンではありません。

いい曲だとは思っても、購入するまでには至りません。今までは。

でも、なぜか無性に欲しかったのです。

不思議です。

その日から毎日のように聴きまくりました。

NICUに搾乳した母乳を届けにいく道中。
カナと療育に向かっている道中。

今まで、"恋人同士の歌"に聞こえてた全ての曲が、いつの間にか"カナの歌"に聞こえてきたんです!

中でも、カナに当てはめて、泣きながら聴いていた"Sign"




届いてくれるといいな
君の分かんないところで 僕も今奏でてるよ
育たないで萎れてた新芽みたいな音符(おもい)を二つ重ねて鳴らすハーモニー

「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して僕ら
人恋しさを積み木みたいに乗せてゆく

ありふれた時間が愛しく思えたら
それは“愛の仕業"と 小さく笑った
君が見せる仕草 僕に向けられてるサイン
もう 何ひとつ見落とさない
そんなことを考えている

たまに無頓着な言葉で汚し合って
互いの未熟さに嫌気がさす
でもいつかは裸になり甘い体温に触れて
優しさを見せつけ合う

似てるけどどこか違う だけど同じ匂い
身体でも心でもなく愛している

僅かだって明かりが心に灯るなら
大切にしなきゃ と僕らは誓った
めぐり逢った すべてのものから送られるサイン
もう 何ひとつ見逃さない
そうやって暮らしてゆこう


緑道の木漏れ日が君に当たって揺れる
時間の美しさと残酷さを知る

残された時間が僕らにはあるから
大切にしなきゃと 小さく笑った
君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン
もう 何ひとつ見落とさない
そうやって暮らしてゆこう

そんなことを考えている




ダウン症ということを受け入れて少しずつ希望が見えてきた時、その気持ちを大切にしようと決めました。

カナから送られるサインを一つも見逃さないようにしようと強く思いました。

歌詞の通り、カナが見せる仕草一つ一つが私を強くしてくれました!!

歌の力って大きい~!!

って…私ちょっとキモいですね~笑
まぁ~それぐらいあの時の気持ちにピタリと来たんです(^^)

『届いてくれるといいな』という歌い出しの桜井さんの優しい声にもグッときます。

久しぶりに聴きました。
何度聴いても、やっぱり心温まる曲です。

これからの人生の中で出会う、色々なものの中にある大事な「サイン」を見逃さないように生きていけたらな。

あと、"いつでも微笑みを"も好きです♡





にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック