KANADAY

だからうまく喋れなかったんだね。

そういえば、昨日の療育の時に
『PT卒業したので、そろそろ言葉の訓練に入りたいんですけど』
と、先生に相談しました。

すると先生は、今のカナの言葉の様子など詳しく聞き取りを始めて、こう言いました。

①今のカナの運動面の成長から考えると、今はこれぐらいかなという感じ。
②まだ話せないのに、言葉の訓練を始めるということは、カナにとってとても負担になる。
③カナは(たとえこちらが聞き取れなくても)ちゃんと自分の気持ちを伝えようとお話ししている。

→なので、"言葉"という訓練に入る前の"発語につながる訓練"を先に受けてみませんか(^^)?と。

なるほどっ!!

カナは歩き出してまだ日が浅いです。
健常の子でいうと、一歳すぎぐらいかな。

一歳ぐらいの子って(個人差はありますが)、言葉の出始めなど、ちょうど今のカナのような感じがします。



【今のカナの言葉面での成長記録】

《話す単語》
パパ、ママ、じーじ、あんまんマン(アンパンマン)、バニャマニャ(バナナ)、…ちゃん(カナちゃん)、ワンワン、ニャンニャン、トト(トトロ)、しぇんしぇー(先生)、、
あと言える単語は、全て語尾だけのものです。(オラフ=フー!など)

《話す言葉》
いっぱいだね!=『いーっぱいねぇ!』
ワンワンいたね!=『ワンワンいたねぇ!』
↑この『◯◯いたねぇ!』は、シチュエーションに合わせて変わっていきます。
パパだったりニャンニャンだったり(^^)

なので、二語文話せているのか!?という感じ。

ここでは必ず『うんうん、ワンワンいたね~!カナお話し上手だねー(^^)』とカナが言った言葉を繰り返すようにし、褒めるようにしています。
すると、自分の言葉が伝わった!お話しできたととても満足気♡
その気持ちを大切にしたいと思っています(^^)

《話すとき》
◯*△?☆♡×◉♯$*~!!
(一つの単語も聞き取れず、全くわかりません!笑)



自分の気持ちを伝えたい!!!という気持ちはモリモリなようで、、、饒舌に(?)宇宙語のようなフランス語のような言葉たちが出るみたいです。



カナの場合、コミュニケーション面では健常の子とあまり差はないそうで、こちら側が言っていることもよく理解しているとのこと。

つまり、頭では理解できているから、こっちが言っていることは分かっても、体の成長(発語)が追いつかず…自分から伝える"言葉を完璧に発する"準備がまだできていないということだそうです!

なので、今の段階で言葉を教えるということは、、、例えば、まだお座りができない赤ちゃんに、お座りの練習をさせるようなものなのかもしれません。

ダウンちゃんの場合、お座りができる前には、色々と訓練を行いますよね。
その訓練自体がお座りに直結しなくても、体をうまく使えるようになる訓練など、いろんなことを重ねていって、それがやがてお座りができるということに繋がっていきます。

なので、言葉の前に 順序として発語につながる訓練があるようです。

舌やお口周りも筋肉があるから、そこを訓練していかないと上手にならないということかぁ~。
説明を聞けば納得ですが、言葉面と運動面が関係してるなんて、意外ですよね!!
一見、関係なさそうなのに(^^)!!

今後の流れとしては、まずはSTの先生からチェックをしてもらって、今のカナになにかできることはないかの確認をしてもらいます。

それ次第で、今後のSTの訓練の有無や内容が決まるわけです。

通常"言語"と"コミュニケーション"のうち、どちらか苦手な方の訓練を行うようなんですが、カナの場合は"言語"が苦手。

ここでは、お家でできるトレーニング方法を学ぶそうなので、私が一番頑張って覚えてこなければなりませんね。笑
頑張ります!!



でも、フランス語のような…全く聞き取れない長文を話す カナのことが少し理解できてよかったです。
耳が悪いのかな~!?とか、私たちと聞こえ方が違うのかな~!?って、心のどこかでちょっと心配してたので(>_<)

だから、うまく喋れなかったんだね!
ってか、私が聞き取れなかっただけなんだね!!笑

って分かったから♡

カナは私に何か聞いて欲しいことがある時に『ねぇねぇ!』とトントンしてきます。
それがたまらなく可愛かったんですが…最近は『ママ~!!ねぇねぇ!』って言ってくれることが増えてきました♡

とても嬉しくて、ギューってしたくなります(o^^o)♡


にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログへ
いつもご覧いただきありがとうございます(o^^o)
ダウン症児育児ブログランキング


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック