KANADAY

お友達に噛みついてしまいました(;_;)



昨日、普段通りカナを迎えに行って、帰ろうとすると…園長先生から『ママ~ちょっと待って~!!』と呼び止められました。

そして
『今日ね、カナちゃんがKちゃんに噛みついたのよ…σ^_^;』
と告げられました。

『えっ!?カナが!!?』と思ったのと同時に、急いでKちゃんとママに謝りにいきました。

『こればっかりは、お互いさまだから~(^^)大丈夫ですよ!!』

と、ママは言ってくれましたが、、、
明らかにKちゃんのホッペは赤くなっている(;_;)
痛かっただろうな…かわいそうに(;_;)

先生によると、Kちゃんが『カナちゃん好き好き~♡』って、ホッペをポンポン・グリグリ~ってやっていたそうなんですが、カナはあんまりそれをやってほしくなかったようで…イヤイヤがMAXに達してしまい噛みついたそうです(;_;)

理由はどうであれ、怪我をさせてしまったことには変わりなく…本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そして、私と旦那はこの出来事にかなりのショックを受けました。
それはきっと『カナは人を傷つけたりしない、優しくていい子』だと信じきっていたし、やるかやられるかなら、カナはやられる方だと思っていたから。
それに、恥ずかしながらダウン症=優しくていい子。立場が弱い子という漠然としたイメージがあったからかもしれません。
カナのこと分かってなかった(T_T)

先生によると、この時期(言葉が出始め)の子供達にはありがちなことらしく、『やめて!』って言えなかったり、もしくは相手に伝わっていなかったりして起こるそうです。
なので、喋れるようになっていくと(成長と共に)なくなっていくことだと言われました。

そして、今後は未然に防ぐことを前提として、起こってしまった場合には、その都度 注意していくことが重要だと話していました。

Kちゃんに噛みついた時、もちろんKちゃんは泣いてしまって…それを見てカナもしょんぼりしていたそうです。

この状況を理解して、『やっちゃいけないことなんだ』と、思ってくれていると嬉しいです(;_;)

また、先生が
『まだお話しできないこの子達の間に入って、こういうことが起きないようにするのが私達大人の役目なんです。なので、お母さんすいません(>_<)』
と言っていただき…
これまた『いやいや、すいませんでした(;_;)』と謝るしかない私(T_T)

今までもちょくちょくこういう場面はあったそうです。
今までは未然に防げていたんだと。。。
(カナは途中入園なので、みんなは新しいお友達(カナ)に興味津々で寄ってきてくれて、、、カナは好き好き攻撃の嵐にあうそうです。)

それにしても、今までもこういうことあったんだ~とまた凹む私(;_;)

でも、今回の理由が『物の取り合い』とかではなく、『愛情表現が過ぎた』故の出来事だっただけに…Kちゃん、カナを好き好きしてくれてありがとうね~(^^)♡と、なんだか嬉しい気持ちも入り混じってます。
(もちろん噛みついたことはごめんなさい(;_;))

私達もこういう様々な経験を経て たくさんのことを学んできたように、今 カナも"子供同士の世界"に入って、色んな経験をする有意義な時間を送っているのかもしれません。



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログへ
いつもご覧いただきありがとうございます(o^^o)
ダウン症児育児ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うちの姉も同じでした。
今となっては母親といい思い出やなあ〜と懐かしみます。普通の子より大変やけど、今となっては母親と共に弟のわたしにとって貴重な経験をさしてもらったと思います。頑張ってくださいね。

大阪在住のパパより | URL | 2015-02-06 (Fri) 22:33 [編集 ]


こんばんは^_^

大阪在住のパパさま、コメントありがとうございます(o^^o)

お姉さまも同じでしたか〜
私もいつか、『そんなこともあったよね〜』って笑って話せる日が来るといいなと思いました^_^

きょうだいがいないカナにとって、保育園はとても素晴らしい環境です。
これから色んなことがあると思いますが、一つ一つ乗り越えていきたいと思います♪

小さな菩薩さんですもんね♡

花奏ママ | URL | 2015-02-07 (Sat) 00:16 [編集 ]


 

トラックバック