KANADAY

社会性の遅れ

今日は言語聴覚士の先生による社会性の遅れが気になるダウン症の子供たちというテーマの勉強会でした。

まずはじめに自閉症とはどんなものなのか…
率直な意見として、私が思い描いていたものよりもはるかに身近にあふれているものなんだと思いました。
ダウン症のように、軽度から重度まで。
それは個々により程度が違い、IQと深く関わっているんだそうです。

そして、大きな誤解をしていました。
かなり間違った偏見を持っていました。
私をはじめ、、、少なくとも今日の勉強会に参加された方のほとんどが、『自閉症合併してても、そんなに恐れることではないのかもしれない』と思ったはず。

また、脳の機能が他の人とは違うため、
ダウン症と同じように早期発見が必要》になり、適切な対応をすることで改善される傾向にあるということ。

自閉症の人とそうでない人は、使う脳の場所が違うそうなので、自閉症の人に 他の人と同じような接し方をすると、二次障害に繋がる可能性があるそうです。

なので、早期発見がカギ!!

…悲しいことに、ダウン症の子は自閉症の発見が遅れることが多いそうなんです(T_T)

それは
◯自閉症にもダウン症にも共通する《こだわりが強い》ということが、『ただのダウン症の特徴』とだけ判断され、見過ごされる
◯ダウン症があると、自閉症がないと思われやすい
ということが理由だそうです。。。

病院や療育施設の先生さえも見逃してしまう可能性がゼロではない、、、きちんと"自閉症"の勉強をしている先生にしか見抜くことができないものもあるかもしれません。。。

そして、先生の話を聞きながら…

《自閉症ではない子》
言葉かけや表情から理解しようとする
《自閉症の子》
文字や絵など、目からの情報を理解しやすい

『えっ!?それってこの前のカナの取扱説明書(?)で言われたこと同じ…』
と…ハッとしてしまいました。

カナ、自閉傾向があるのかもしれない…

この前、鍵を見せた瞬間、帰る支度をし始めたというエピソード。。。

まさに、目から入った情報。

でも↑の、自閉症ではない子の特徴と、自閉症の子の特徴、カナの場合どちらも当てはまります。

現に、育てにくさを感じたことはありません。でも、特徴の出方は人それぞれだと思うので。。。

もちろん、検査してみないと分かりません。

ただ一つ言えることは、、、
もしもカナが自閉症合併だとして、今日の先生の話を聞いていなかったら…
私は"カナがダウン症"と告知された時と同じような打撃を受けていたでしょう。

でもでも、早期発見で改善されると知り、不安が1/10に減りました(o^^o)

もちろん不安ですが、とにかく自閉症の検査をお願いしてみようと思います(^^)

カナのことをもっともっと知りたいから!

どの親御さんも、ダウン症の自閉症合併って、すごく気になることだと思います。

もちろん健常のお子さんをお持ちの方も『これ、もしかして…』と思う場面は多々あると思いますし。

とにかく早期発見がカギだそうです!!

今日 参加されていたある方が、お子さんの行動が気になり『もしかして…』と、相談され、たった3ヶ月で驚異的な変化を見せたというお話をされていました。

とても興味深いお話です!

先生のお話は、バカな私にも分かりやすく、とても面白いです。

次回の勉強会が待ち遠しいと感じてしまうほど(^^)!
(勉強会が楽しいと感じたのは人生初です。笑)

今日の勉強会は一人で参加しました。
パパとカナはお家でお留守番!

勉強会が終わると、パパカナを迎えに行き、その足で念願の厄払いへ。



"どうか、平穏無事に暮らせますように"









そしてそして、激務なパパはその足で仕事に出かけましたとさ~(T_T)




にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 子育てブログへ
いつもご覧いただきありがとうございます(o^^o)
ダウン症児育児ブログランキング

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-15 (Sun) 22:56 [編集 ]


昨日はありがとうございました(^^)

こちらこそご挨拶もできなくて申し訳ありません(T_T)

昨日は本当に興味深いお話をたくさん聞けて、とても勉強になりましたね。

次回も楽しみです!

またお声かけさせていただきます(o^^o)☆

花奏ママ | URL | 2015-02-16 (Mon) 09:20 [編集 ]


 

トラックバック