KANADAY

話すことが楽しい時期は過ぎた。

カナはよく「おしゃべりが上手だね~」と言われます。


でも、実はそんなことないんです。


カナと会ったことがある人なら分かるはず(°_°)


『ちゃんと、なんて言ってるのか分かるよ!』と言ってくれる方は、きっと・・・カナの心に耳を傾けてくださる方。
そして、カナのことを理解しようと努めてくれる方。


ありがたいです!





「ママ、〇〇して~」とかそういうことは話せるようになったのですごく嬉しいんですが、例えば、出来事を話したりするのが苦手。


もちろん年齢的なものもあるし、今はこれで十分と思っていたんですが、先日 療育の先生に言われたことが、ドンピシャすぎて!


「話すことが楽しい時期は過ぎてるみたいなので、ゆっくりでもいいからきちんと伝わる話し方を訓練していきましょう」

との提案が!



そうなんです。

話したい気持ち、伝えたい気持ちは人一倍。

でも、その気持ちが頭や口よりも先へ先へと溢れ出てしまって、結果なんと言っているのか分からないという。

早口でバーーーッと話すからなんて言っているのか本当に分からないんです。


一語も拾えないことが大半(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


言葉の出始めは、やっぱり褒めてあげたいから、何を言っているのか分からなくても「うんうん、そうだね~」って言って話を合わせていました。


これは大事なことだと思います!


たとえ、言葉が間違っていても否定せずに気持ちに寄り添ってあげることもやっていました。

カナ「これ、モーコリだよ!」
私「うんうん、そうだね、コウモリだね~」というふうに。


これもとっても大事なことだと思っています。


このように、これまで精一杯 話したい気持ちが育つように見守ってきました。


でも、、、

『これはお母さんだから(なんて言ってるのか)理解してあげられるんですよね!

でも、保育園のお友達には伝わりきれてないかもしれません。

今はいいですけど、大きくなってからも、ずっと「うんうん」ばかり言っていると、カナちゃんはちゃんと話せている(伝わっている)と誤解してしまって、きちんと話せなくなってしまいます。

そうなったとき、一番つらいのはカナちゃんですよね?

自分の気持ちが伝えられないって、すごくしんどいと思うんですよ。』

と先生から言われて。


「私もそう思うーーーーーーーーーーーー‼︎‼︎‼︎」って心の底から思ったんです。


さすが先生。






なので!

今までは、分からなくてもテキトーに「うん」と頷いてるいたところを、5回に1回ぐらいは

「ん?ごめん、分からなかった。もう一回話して?ゆっくりでいいから」と声をかけてあげるようにしています。


毎度のように聞き返して 完璧を求めてしまうとカナの「伝えたい気持ち」を失くしてしまうことになるので、双方の心と時間に余裕があるとき♪


で、療育先でも、ゆっくりと話す訓練を取り入れてもらっています。



例えば、カレーを食べているイラストを見せて、「これ何してる?」との問いに「カレーを食べてる」と答えさせる。


すると、誰が聞いても聞き取れるぐらい上手に話せるんです!


こういう"ゆっくりでもいいから丁寧に話す"訓練が、今のカナには大事みたいです。



・・・このカードの中に、寝てるイラストと泣いてるイラストがあるんですが、何回やっても何回教えても

寝てる→「ねんねんこしてる」
泣いてる→「エーンしてる」

と答えます。


これは私が未だにちょこちょこ赤ちゃん言葉を使っているせいですね(*_*)


もちろん正解ではあるんですが、そろそろ赤ちゃん言葉もやめていきましょうか!と。


前にも書いた通り、カナは上書きがきかないタイプです。

なので、カナちゃんのようなタイプは赤ちゃん言葉なしで教えていったほうが回り道しなくていいですね!と言われました。
※赤ちゃん言葉を教えたら、あと1回(正式な言い方を)教え直さなければいけなくなるので。



それ(赤ちゃん言葉)は 回り道だと考える先生方も多いようです。


いろんな考え方があるんでしょうけど、私はこれに納得。


子供に、分かりやすい言葉(赤ちゃん言葉など)で話すことにも意味があると思いますが、カナみたいな上書きがきかないタイプは混乱してしまうそうです。


なので


今までは「赤ちゃんがエーンしてるね」

今後「赤ちゃんが"泣・い・て・る"ね!」


と、ゆっくり強調して教えるようにしています!


うーーーん、勉強になる!!!!



いつも、様々な切り口から的確な助言をくれる先生には脱帽です~♡




↑赤ちゃんが好きすぎて仕方ないの図。笑



\いつもご覧いただきありがとうございます!/
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

にほんブログ村 子育てブログへ

おかげさまで励みになってます♡

ダウン症児育児ブログランキング






コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なるほど~

今回の話、私にも凄くタメになりました。
思い当たるフシがいくつもあった!
私も娘に「ワンワンがいるね~」とか、「おちり、くちゃいくちゃい(臭い)」「ねんねしようね~」とか思いっきり話してました。
娘の通うデイサービスに、小学生のダウンちゃんがいて、「一緒に遊んでくれてありがとう。お名前は?」と聞くと「◎▲☆□…」とものすごく早口で言われて、沢山話してくれたのに、一言も理解できず、聞き返してもきっとまた同じで、何回も聞き返したら嫌な思いさせちゃうかも、とせっかく話してくれたのに悲しい思いさせちゃうかな、と理解できないまま「そうなのね~ありがとう」と返事しちゃったことがありました。
発達を診てもらっている小児科の先生は、「今(娘3歳半すぎ)は言葉を出そうとしている時期なので、いきなり発音を直すと今度は話すことが楽しくなくなり話そうとしなくなることも考えられるので、今はたくさんおしゃべりさせてあげてください」とおっしゃってました。
単純な言葉に置き換えて(擬音など)使うと伝わりやすいかな~と思ってましたが(娘が4歳になったのに身長やしぐさが1~2歳っぽい…というのもあったかも)、覚えなおしのことを考えると、ちゃんと普通に使える言葉を教えていった方がいいですよね。
なるほど~って今回のお話参考になりました。
まだ単語15個くらいしか覚えてないので、言い直しはまだ早いかもしれないけれど、少しずつ修正していこう♪と思いました。
それにしても、言語の療育の先生、以前から思っていたけれど、さすがプロ!ですね。
まだ言語の療育は受けていないけれど、娘もカナちゃんの先生みたいな人に出会えるといいな~

おひさま | URL | 2017-01-28 (Sat) 06:51 [編集 ]


2歳になった娘が、チョロチョロと単語らしきものが出始めました(^^)今は本人も私の周りもウキウキです♪♪でも将来、お友達に伝わらなかったら?言葉のコミュニケーションが取れなかったら?と不安がよぎることも。。確か。
だから、今回読ませてもらって、ふむふむと納得できること、勉強になること、いっぱいでした(๑>◡<๑)ありがとうございます!

snow | URL | 2017-01-28 (Sat) 09:02 [編集 ]


はじめまして。
私は15歳のものです。
私はダウン症の子に興味があるというよりはすごくその、うまくはいえませんが好きというか虜になります
した。
初めてダウン症の子と出会ったのが中学の時の職場体験でした。私は保育園に行きました。もちろん、障害を持ってない子がほとんどのところでした。
そこで、私は3歳児のクラスにお邪魔してそこでゆうき君という子に出会いました。
最初は、あ、ダウン症の子かなと思っていただけで
向こうからは来てくれないしそこまで気にしていませんでした。
そのクラスの先生にちょっとゆうきくんの事見ててもらえる?と言われ
その日から4日間の間私はほとんどの時間をゆうきくんと過ごしました。
最初は話しかけても反応がないし手を繋ごうとしてもはらわれてすごくどうしたらいいか悩みました。
それでも、諦めずうざったくゆうきくんにくっついていました笑
すると、徐々に心を開いてくれて ほかの子に比べてお着替えも外で遊ぶのもご飯を食べるのもできないことがたくさんあって会話だって全然できなかったけど
他の子にはない可愛さというか本当にすごくすごく可愛くて一切なにも話してくれなかったけど鼻ををスリスリしてくれたり慣れない手つきで頑張ってお箸を使って私に食べさせてくれたりたくさんの事を学ばせてくれてたくさんの癒しをくれました。
最後の日ゆうきくんのお母さんからもお礼を言われて
もう会えないかと思うとすごく辛かったです。
その、1ヶ月後たまたまゆうきくんと会ったら前よりすこし走るスピードが早くなってて
私に気づいてきてくれて私たちの言葉の代わりの挨拶だった鼻をすりすりしてきてくれて。
思わず泣いてしまいました笑
それから、私の弟が発達障害だということもあり
弟が通うセンターでたくさんのダウン症の子供達と遊んだりいろんなことをしてたくさんふれあいました。
私は人付き合いが苦手でいじめにあい高校をやめてしまったのですがそれでも今でも頑張って生きていられるのは障害者の子、ダウン症の子達の癒しがあったからでした。
将来、ダウン症の子たちの何かしらの役に立つ仕事につきたいのですが
ここまで私のことをひたすら書いてきて急な質問なのですが
そういう仕事はお母さんたちにとってどんなサービスなどがあったら嬉しいとかありますか??
どんな事があるかまだ勉強不足で、この質問ですら、え?と思うかもしれませんが。
もし、何かあるなら何かしら力になるというか
私が一緒に遊んだりしたいだけなのもありますが…笑
何かあったら教えて欲しいです!

かのん | URL | 2017-01-31 (Tue) 03:36 [編集 ]


おひさま様

おぉ!
そんなことが‼︎

んじゃあ、このままにしてたらカナもずっと『◯×△☆〜』のままですね。

こちらもフムフムと、勉強になりました!

この子たちへの関わり方、私たちもたくさん勉強しないといけないですね‼︎‼︎

もちろん、この子たちの気分を害さない程度に♡

頑張りましょうーーー(о´∀`о)♡

kanaday | URL | 2017-01-31 (Tue) 10:49 [編集 ]


snowさま

うんうん、そうですよね!

ことばの出始めって嬉しくて嬉しくて拍手喝采もんだから、この時点で訂正を入れて行くのはNGですね。

でも、教え直しのことを考えると…
加減が難しいですね!!

でもでも!まずは『話すこと・伝えること』=楽しいことだ!と教えることは、何よりも重要な気がしますね♡

kanaday | URL | 2017-01-31 (Tue) 10:52 [編集 ]


かのんさま

すごく素敵な想いを話してくださってありがとうございます!

なんだか、私がゆうき君のママの気持ちになってしまって…ウルっときました。

そういうふうに思ってくださって嬉しいです♡

中学生の時の体験が、今のかのんさんの強い思いや弟さんへの優しい眼差しになって、またこうやってこのブログにもコメントくださって、巡り合わせのようですね♪

人との付き合いが苦手っておっしゃいましたが、そんなことないと思いますよ!

なによりゆうき君の心を開いたんですから♡

ダウン症に限らず、障害を持っている人たちは、口に出したりはしないけど、ちゃーーんと見てます。

この人はどんな人なのか。

見ていないようでちゃんと見てます。

だから、綺麗事ではなく、かのんさんにしかできないことがきっとありますよ!

思い通りにいかないことが起こったとしても、それはみんなに起こりうること。
思い通りに行く人生を送ってる人なんて、この世に1人もいないと思います。

辛い時期もあったと思いますが、だからこそ芽生えた優しい気持ちが必ずあると思います。

私もカナが生まれるまで、障害のある人をとりまく世界なんて私には関係ないと思ってました。

だから、カナがダウン症だと言われてとっても落ち込みました。
でも、たくさんの人に支えられて、感謝のココロ、思いやりの気持ちがより一層強くなりました。

今起こっていることを、どういう方向に持って行くかは自分次第なんだと学びました。

この可愛さは育ててみないと分からないし、関わってみないと分かりません。


やっぱり経験しないと分からないんです(^^)


たくさん悩んでいいと思います!

かのんさんのその優しい気持ち、強い思い。
社会福祉士やケースワーカーさんとかぴったりな気がします。
かなり『人との付き合い』が重要なお仕事ですが、かのんさんなら、心に寄り添ってあげられそう。

私だったら、事務的な人より、心に寄り添ってくれる人の方がいいから♡

子供が大好きなら、障害児訪問保育のお仕事とか!

あとは、障害のある子専用の保育園や一時保育とかがまだまだ少ないようなので、それが増えて行くといいな〜

長々とごめんなさい!

かのんさんのコメント、本当に嬉しかったです!
ありがとうございました( ◠‿◠ )

kanaday | URL | 2017-01-31 (Tue) 11:19 [編集 ]


こちらこそ凄く励みになりました!
ありがとうございます😭

ハートセンター(障害者の方たちが行くところ私が良く行っているところ)で先生に相談してみて
いろいろなお話を聞けました!!

すごく私情ですがハートセンターの先生に
精神科に行ってみてと言われたので行ってみると
私は統合失調症でうつ病とも言われました。
詳しくは頭ごちゃごちゃで聞けていませんてましたが…笑
なので、友達付き合いが苦手と思っていたみたいです。
自分をしれてスッキリしましたし
逆に前向きに頑張っていこうと思えました!!
このブログを読ませていただいて前進できました!
本当に勝手ですが感謝しています。

寒いのでかなちゃんもかなちゃんママも風邪に気をつけてください!!
たくさんの方の力になれるように勉強頑張ります!
ありがとうございました!

かのん | URL | 2017-02-09 (Thu) 03:13 [編集 ]


かのんさん

そうだったのですね。

でも、自分を知るいい機会になったって、とても前向きなコメントで少し安心しました。

もちろん当事者にしか分からない不安などがあると思うので偉そうなことは言えませんが、かのんさんにとって色々なことが良い方向へ進むことを願っています。

頑張りすぎず、自分を大切に、かのんさんのペースで進んでいってくださいね‼︎

無理は禁物ですよ♪

そして、人の気持ちに寄り添ってあげられる、優しいかのんさんの力でたくさんの方に力と癒しを与えていってくださいね(^^)‼︎

私もかのんさんに負けないよう頑張ります(о´∀`о)♡

kanaday | URL | 2017-02-09 (Thu) 09:29 [編集 ]


 

トラックバック